環境への取組み

環境方針

当社の環境方針は、基本理念と行動方針をもって構成します。

基本理念

株式会社 多喜プラスチックは、当社の経営理念「多いに喜ばれ 多いに喜ぶ」に基づき、環境保全に配慮した企業活動を進めます。そのことが地球環境保護の社会的責務を果たすことにつながり、すべての喜びにつながると認識し、全従業員の参加による「環境の継続的改善」を推進します。

行動方針

「環境に喜ばれる企業」を実現するために、プラスチック部品の成形・加工・組立製造業を行うもとで、以下の方針を確実に実行し、環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
環境関連の法規制等およびその他の要求事項を遵守します。
基本理念を達成するために、環境目的目標を設定し、内部監査等で定期的に見直しを行い、環境マネジメントシステムを効果的に運用します。
当社の事業活動に係わる環境影響のうち、次の事項を重点課題として取り組みます。
電気使用量の削減
紙使用量の削減
プラスチック廃棄物の排出量の削減
特定施設から発生する騒音の防止
客先及び外注先への環境配慮提案の実施
環境方針は、全要員に周知徹底させると共に、主要な協力会社及び資材納入業者にも呼びかけて、当社の環境保全活動に理解を求めます。
この環境方針は、社内外に公表します。

環境宣言

当社は常に次のことを念頭において事業に取り組み、地球環境に融和し、地域住民やすべての利害関係者からの揺るぎない信頼を維持していくことを公言します。
環境に関する法令・規制・協定を遵守する。
環境パフォーマンスの継続的向上に努める。
廃棄物等の資源の有効活用とそのための技術の改善を推進する。
要員全員の環境保全意識を高く保ち、社会との共生を図る。
経営層の責任として、当システムの構築及び管理・運営について実施するとともに、常に見直しを行い改善しつつ、この責務を負うことを宣言します。
制定  2003年5月1日
株式会社 多喜プラスチック
代表取締役 社長  高井 宏児

ISO認証取得

環境への取組み



  • 準スーパーエンプラ
「サクラサクラ」というペチュニアです。
ペチュニアが満開です!
5S活動(開発...
本社裏山の桜が満開です。
サクラサク
本社裏山の桜が...
歴史探訪:「庵の庭」のご紹介
歴史探訪:「庵の庭」のご紹介
本社裏の山中に...
採用情報